【リリース】「顔の見える電力」、3月より関西エリアへ供給開始

2018.03.05

みんな電力株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は、電力小売りサービス「顔の見える電力」のサービスエリアを拡大し、関西エリアへの供給を3月5日より開始いたします。お申込みは、当社電力小売サービスサイト「ENECT」(http://enect.jp)にて受付いたします。

また、この度のエリア拡大を記念して、発電産地の特産品が抽選でもらえる『「顔の見える電力」でつながる!キャンペーン』も同時にスタートいたします。期間中契約のお申込みをされた方を対象に、「顔の見える電力」の発電産地のひとつ、長野県の『信州詰め合わせギフト』等が抽選で60名様に当たります。

「顔の見える電力」はこれまで東京電力管内のみの供給としておりましたが、この度の関西電力管内への供給開始を皮切りに、今後も他エリアへ順次拡大を予定しております。

●キャンペーン特設ページ:
http://enect.jp/2018-march-campaign/

●契約のお申し込みについて:
当社電力小売サービスサイト「顔の見える電力 ENECT」(https://enect.jp/)より、
簡単な手続きにて契約申し込みが可能です。

【プレスリリース】
プレスリリース(PDF)

【本プレスリリース関するお問い合わせ】
下記、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
http://minden.co.jp/contact

|